【LINE】付き合う前は毎日すべき?LINEの最適な頻度とは

今日が人生で一番ドキドキする日になる。

恋愛プロデュースRELIEFへようこそ。

きつね
きつね

こんにちは!恋愛プロデュースRELIEFの運営をしております、恋愛コンサルタントの「きつね」と申します!

当サイトでは、

深層心理に基づいた観点

ビジネス的思考から相手を動かす方法

相手の心を操る誘導尋問

先輩や後輩から好かれる人の特徴

などなど、様々な観点から、相手の異性から強烈に好意を持たれるようになるテクニックを公開していきます。

相手が何を求めているのか、どのような言葉を用いれば心を開いてくれるのか。相手が求めているものを読み取り、それを相手のために行動する。相手は「自分の気持ちを分かってくれる!」「この人と一緒にいると心地いい!」という感覚に陥っていく。そして相手の心をコントロールし、最終的には好きで好きでたまらなくなるぐらい依存させ、大好きと言わせる。これらはホストやキャバクラでNO.1を獲得するようなプロも用いる手法です。

当サイトでは、異性から好意を持たれ確実に好きな異性を落とすためのテクニックを紹介していきます

きつね
きつね

本日の質問者はこちらです!

24歳 男性
24歳 男性

こんにちは!!きつねさんいつも拝見させてもらってます!

先日、気になる女性のLINEを手に入れたのですが、どのくらいの頻度でLINEをするべきなのかがわかりません。僕は毎日したいのですが、相手からすると迷惑でしょうか?

きつね
きつね

なるほど…

気になる人とのLINEのやり取りは慎重になりますよね。

ただ、LINEを毎日送らない奴は”ただのバカ”ですね。

24歳 男性
24歳 男性

えええ!そうなんですか!?

せっかく気になる異性のLINEをゲットできたとして、どのくらいの頻度でLINEするべきかはかなり悩みますよね。毎日送ると相手の迷惑になるのではないか、相手は自分とのLINEを苦痛だと思っているのではないか、などなど考えだすときりがないくらいネガティブになりそうですよね。

しかし、もしあなたがこれから異性とLINEを始めようとしているのであれば、必ず毎日LINEをしてください。

きつね
きつね

毎日LINEをすべき理由を解説していきます。

スポンサーリンク

毎日LINEをするべき理由とは

24歳 男性
24歳 男性

僕は毎日LINEしたいと思っていますが、相手も毎日LINEしたいと思っているかはわからないですよね。

きつね
きつね

ここで大事なのは「相手の日常の一部になること」が重要なのです

恋愛においては、好きとか嫌いとかよりも「無感情」が一番恋愛に発展しづらいのです。「あいつマジでむかつく!」とか「顔も見たくないんですけど!」と言われている方がマシです。学校や職場で「存在が空気」のほうが相手に意識されないのです。もしかすると存在すら忘れられているかもしれません。相手の意識の中に飛び込むことができれば、相手が自分のことを考える時間が増える。その時間が増えれば増えるほど、相手は自分を意識し始めるのですしかし「無感情」ではこちらが猛アピールをしたところで、相手はこちらに見向きもしてくれないのです

24歳 男性
24歳 男性

じゃあ毎日LINEするほうが賢明ですね!

きつね
きつね

ここからは毎日LINEをする上での注意点をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

できるだけ多くの回数返信するべき

きつね
きつね

出来るだけ一日に多くのLINEのやり取りをしてください。

24歳 男性
24歳 男性

わかりました!

LINEが来るたびにすぐに返すことを心がけます!

きつね
きつね

だからといって、ただLINEの数を多くするだけではだめです。

もちろん1日にLINEのやり取りをする回数が増えれば増えるほどオッケーです。しかし、相手からの返信をすべて数秒で返信してしまうのは相手への負担になりかねません。

24歳 男性
24歳 男性

えええ?言ってること矛盾してない?

基本的には自分がLINEを返信してから1時間以上が経過した相手からのLINEについては、約1時間を空けて返信する。返信が遅い=相手は忙しいという状態がわかります。これは心理学的考えである「ミラーリング」という手法です。親しい人の口癖が移る、恋人と行動が似てくるなど、人間は親しい人間に似てしまう傾向があります。相手が1時間以上LINEを返信しないのであれば、こちらも約1時間の時間を空ける。相手が瞬時にLINEを返信してきたときには、こちらも瞬時にLINEを返信する。すると相手は「自分のペースでLINEができるので苦に感じない」「時間の流れが似ている」と感じ、親しみを持ちやすくなるのです。

このような「ミラーリング」を利用しつつ、出来るだけ多くLINEのやり取りを行うことを意識するのです。

24歳 男性
24歳 男性

こうしてLINEの回数を増やすのですね!

このルールがあればLINEで暴走することもなくなりそう!

スポンサーリンク

時間を気にする必要はない

きつね
きつね

相手が仕事中であれ、深夜であれ、時間は関係なくLINEしてください。

特に深夜はLINEの通知音で相手を起こしてしまうなどの配慮から、LINEを控える方が多いです。しかしこれは大きな誤りです。深夜の時間は寝る前の最も時間に余裕がある時、さらに深夜を警戒してあえてLINEを異性に送らないライバルが多数いる。つまり寝る前で時間があるにもかかわらずライバルが圧倒的に少ない時間帯になるわけです。

24歳 男性
24歳 男性

ここでLINEを独占することができれば、相手との距離は一気に縮みますね!

きつね
きつね

深夜は感情的になりやすい時間帯でもあるため、寝る前に相手の頭を自分でいっぱいにしてやりましょう。

スポンサーリンク

長文は控える

きつね
きつね

出来るだけ多くのLINEをするためには、あまり考える負担がないような「軽い」メッセージを心がける。

長文のLINEを返すと、相手は「読むの少し時間かかるから後で返そう」「長文だからこっちも長文にしないと失礼かな?」というように、相手の頭の中ではLINEを返すことが重荷になってしまいます。これではできるだけ多くのLINEをするということが自然とできなくなるのです。

24歳 男性
24歳 男性

長文は貰うと嬉しいけど、確かに返信するときに労力がいりますね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は「付き合う前は毎日すべき?LINEの最適な頻度とは」というテーマをもとに

好きな異性とのLINEはどのくらいを目指すのか

時間帯を気にしなくてもよいのか

を解決するための、最良の方法についてまとめさせていただきました。

きつね
きつね

実は私も昔は全くモテず、学生時代は根暗で毎日部屋に籠ってゲームをしていたような人間でした。

モテるには全く縁がなく、異性と話すだけで緊張で言葉が出てこないことが当たり前でした大学3回生の時から「どうすれば異性から好意を持たれるのか」を追求し続け、心理学を学び、ビジネスで人を動かす偉人の本などを読み漁って導き出した独自の理論を創出した結果、現在では恋愛コンサルタントとして多くの人の悩みを解決しています恋愛未経験・カップルのマンネリ打破・浮気調査・二股からどちらの異性を選択するべきかなど、様々な恋愛についての問題解決法をすべて無料でお伝えしていきます

当サイトは、私「きつね」が経験した様々な恋愛事情を基に、「多くの人々の恋愛に対しての悩みを解決したい」「多くの人々に少しでも幸せになってもらいたい」という想いで運営しております。興味がある方はこれからも是非ご愛読ください。

この記事を書いた人
きつね
きつね

学生時代は根暗で部屋に籠ってゲームばかりの日々。モテるには全く縁がなく、異性と話すだけで緊張で言葉が出てこないことが当たり前。「どうすれば異性から好意を持たれるのか」を追求し続け、心理学を学び、ビジネスで人を動かす偉人の本などを読み漁って導き出した独自の理論を創出する。現在では恋愛カウンセラー&恋愛コンサルタントとして毎月10件以上の相談を受付している。マッチングアプリで出会った人数2桁。運営している「恋愛プロデュースRELIEF」では毎月1万人以上が恋愛に関する悩みを解決している。

きつねをフォローする
LINE 恋愛
スポンサーリンク
シェアする
信頼と実績の恋愛プロデュースRELIEF

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました