【恋愛心理学】超簡単に好きな相手の”特別な存在”になる方法!

今日が人生で一番ドキドキする日になる。

恋愛プロデュースRELIEFへようこそ。

きつね
きつね

こんにちは!恋愛プロデュースRELIEFの運営をしております、恋愛コンサルタントの「きつね」と申します!

当サイトでは、

深層心理に基づいた観点

ビジネス的思考から相手を動かす方法

相手の心を操る誘導尋問

先輩や後輩から好かれる人の特徴

などなど、様々な観点から、相手の異性から強烈に好意を持たれるようになるテクニックを公開していきます。

相手が何を求めているのか、どのような言葉を用いれば心を開いてくれるのか。相手が求めているものを読み取り、それを相手のために行動する。相手は「自分の気持ちを分かってくれる!」「この人と一緒にいると心地いい!」という感覚に陥っていく。そして相手の心をコントロールし、最終的には好きで好きでたまらなくなるぐらい依存させ、大好きと言わせる。これらはホストやキャバクラでNO.1を獲得するようなプロも用いる手法です。

当サイトでは、異性から好意を持たれ確実に好きな異性を落とすためのテクニックを紹介していきます

きつね
きつね

本日の質問者はこちらです!

27歳 男性
27歳 男性

はじめまして。きつねさん。

私には知り合って3カ月になる女性がいるのですが、未だに踏み切った行動ができていません。相手にとって自分が”特別な存在”になるためには、どのような行動をするべきなのでしょうか。教えていただきたいです。

きつね
きつね

なるほど…

相手の特別な存在になりたい、誰もが恋心を抱くとそのような感情になりますよね。

相手の”特別な存在”になるためには、

初体験を奪うことが重要です

27歳 男性
27歳 男性

は、はつたいけん!?

無理ですよそんな…

きつね
きつね

あはははは^^

なにもハレンチな意味じゃないですよ!

相手と様々な初めてを体験するだけです。

「相手の特別な存在になりたい」「恋愛関係に発展させたい」「追いかけられる恋がしたい」など、そのようになるためにはどうすればよいのかと悩んでいる男性は多いのではないでしょうか。

今回お伝えする内容を実践することによって、相手の感情が揺さぶられ、感情が揺さぶられることによって恋心が芽生え、さらには恋愛感情や依存にまで発展する「快楽物質を相手の脳内に分泌させる」ことができるような方法です。

なので、

相手の感情を揺さぶる

恋心を芽生えさせる

相手を依存させる

方法について解説していきたいと思います。

きつね
きつね

それでは早速いきましょう!

スポンサーリンク

ドーパミンを分泌させる

きつね
きつね

恋愛感情と密接に関係する神経伝達物質に「ドーパミン」というものがあります。

27歳 男性
27歳 男性

なんとなく聞いたことがあります。

ドーパミンは別名「快楽ホルモン」とも呼ばれており、脳に強烈な”快楽”を与えます。そして、人間の脳は”快楽”を求めるように構成されています。つまり、快楽ホルモンである”ドーパミン”を脳は求め、その”快楽”を獲得するために”欲求”が芽生えるのです。

きつね
きつね

これが、好きな人に対して心理的に感じる”快楽”や、居ないとダメだと感じてしまったり、狂ったように相手に依存したりすることに関係しているのです。

そしてこの「ドーパミン」が、相手の脳内でドバドバ分泌される瞬間というのがいくつかあります。

きつね
きつね

その一つが「初めての体験」です。

スポンサーリンク

初めての体験をする

初めてというのは、”大きく広い意味”での初めての体験のことです。

きつね
きつね

初めての体験や、新鮮さを感じることによって「ドーパミン」がドバドバ分泌されます。

また、初めての体験は一番感情が揺さぶられ印象にも残りやすいです。

例えば、めちゃくちゃおいしいお寿司を食べたとしても、一番感情が揺さぶられ脳内物資の「ドーパミン」がドバドバ分泌されるのは「初めて食べた時」です。2回目以降は感情の揺さぶられる割合も脳の反応も鈍くなっていきます。

27歳 男性
27歳 男性

一番最初がピークということですね…(ゴクリ)

きつね
きつね

イメージ的には、真夏で喉が渇いている状態でサイダーを飲んだときの1口目と10口目では、感じる美味しさや感動や興奮が1口目のほうが圧倒的に大きいのと同じですね。

つまり、ここでは何が言いたいかと言いますと、

初めてを奪え!

初めての男になれ!

ということです。

「相手が言われたことがないようなことを言う」「相手が行ったことがない場所に行く」「相手がしたことがないことをする」「相手が出会ったことがない人になる」などがあります。ただし、当然ですが相手にとって”快楽”になることが重要です。

27歳 男性
27歳 男性

お前びっくりするぐらい”ブス”だな!!

きつね
きつね

それはアウト。

ただ、根本的なことを言うと、自分自身が”たくさんの引き出し”を持っていると”、相手にたくさんの初めてを提供することができます。例えば、様々なジャンルのおいしいお店を知っていたり、色んな遊びを経験していたり、たくさんの知識を持っていたりなどです。

きつね
きつね

デートプランを提供できる男が女性に喜ばれるのは、これが関係しています。

「相手が出会ったことがない人になる」に関しては、特殊な経歴をもっていたり、ありえないぐらいに趣味が合ったり、性格や考え方が個性的すぎるなどがあります

すぐにできるようなものではないかもしれませんが、

こんなにシンデレラ扱いしてくれる人初めて♡

こんなに私に振り向かない男初めてよ♡

など、振る舞いによってその他大勢の男性と差別化ができ、「こんな人に出会ったのは初めて」満たすことができます。

きつね
きつね

「プラスに働くような逆張りをするといい」ということですね

自分は経験済みが最強

自分が経験済みで、相手が初めての体験の場合は、経験済みの”余裕感”と初めての体験の”緊張感”で、相手の主導権を握ることができたり、相手から頼られたりといういい意味での上下関係が生まれます。

きつね
きつね

女性は頼りがいのある人に守られたい欲がありますからね。

”初めてを奪われたことを伝える”も効果的

きつね
きつね

初めてを奪うからの逆アプローチで”初めてを奪われる”も効果的です。

例えば、「ここのお店初めて来るんだよねー」「こんなに趣味が合う人初めてだ」「君みたいな子に今まで会ったことないよ」などを伝えることです要は、「僕にとってあなたが初めて」と伝えることによって、間接的に「あなたは特別だ」「あなたは希少だ」「あなたは僕にとって重要だ」などの”特別感”が相手に伝わり、相手もこちらに”特別感”を感じたり、自信の価値や存在を再確認しやすくなったりします。

きつね
きつね

自己存在感」が満たされたり、「自己重要感」が刺激されたりするわけです。

仮に女性が「それほんと?」「大袈裟だよー」などと言っても、内心では嬉しく感じていたりするので大丈夫です。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は「超簡単に好きな相手の”特別な存在”になる方法」というテーマをもとに

相手の感情を揺さぶる

恋心を芽生えさせる

相手を依存させる

ためには

相手の初めてを奪う

自分の初めてを奪われたことを伝える

という、最良の方法についてまとめさせていただきました。

髪の毛についてのトークテーマで女性から返答があったときに、どう返事をしても地雷が埋まっている。さらに「俺は良いと思うよ?」は誉め言葉ではなく相手を不快にするので逆効果。そのためには最初から「俺よくわからないけどその髪の毛の色めちゃくちゃ好きだよ」と具体的に褒めてあげることが大切です。

きつね
きつね

実は私も昔は全くモテず、学生時代は根暗で毎日部屋に籠ってゲームをしていたような人間でした。

モテるには全く縁がなく、異性と話すだけで緊張で言葉が出てこないことが当たり前でした大学3回生の時から「どうすれば異性から好意を持たれるのか」を追求し続け、心理学を学び、ビジネスで人を動かす偉人の本などを読み漁って導き出した独自の理論を創出した結果、現在では恋愛コンサルタントとして多くの人の悩みを解決しています恋愛未経験・カップルのマンネリ打破・浮気調査・二股からどちらの異性を選択するべきかなど、様々な恋愛についての問題解決法をすべて無料でお伝えしていきます

当サイトは、私「きつね」が経験した様々な恋愛事情を基に、「多くの人々の恋愛に対しての悩みを解決したい」「多くの人々に少しでも幸せになってもらいたい」という想いで運営しております。興味がある方はこれからも是非ご愛読ください。

この記事を書いた人
きつね
きつね

学生時代は根暗で部屋に籠ってゲームばかりの日々。モテるには全く縁がなく、異性と話すだけで緊張で言葉が出てこないことが当たり前。「どうすれば異性から好意を持たれるのか」を追求し続け、心理学を学び、ビジネスで人を動かす偉人の本などを読み漁って導き出した独自の理論を創出する。現在では恋愛カウンセラー&恋愛コンサルタントとして毎月10件以上の相談を受付している。マッチングアプリで出会った人数2桁。運営している「恋愛プロデュースRELIEF」では毎月1万人以上が恋愛に関する悩みを解決している。

きつねをフォローする
テクニック 恋愛
スポンサーリンク
シェアする
信頼と実績の恋愛プロデュースRELIEF

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました