【運命の人になれる】自分との関係を”運命の出会い”だと錯覚させる方法

23歳 男性
23歳 男性

好きな人の運命の相手になりたい!

こんな疑問を解決します。

この記事を見れば、自分との関係を”運命の出会い”だと錯覚させることが出来ますので、最後までご愛読くださいませ!

 

今日が人生で一番ドキドキする日になる。

恋愛プロデュースRELIEFへようこそ。

 

きつね
きつね

こんにちは!恋愛プロデュースRELIEFの運営をしております、恋愛コンサルタントの「きつね」と申します!

 

当サイトでは、女性から好意を持たれ確実に好きな女性を落とすためのテクニックを紹介していきます

 

きつね
きつね

本日の質問者はこちらです!

23歳 男性
23歳 男性

こんにちは!きつねさん!

私には好きな人がいます。しかし、まだ相手とまともに会話をしたことがありません。どうしてもその相手と付き合いたいです。そこで質問ですが、相手に自分のことを「運命の人だ」と思わせる方法などはありますか?教えていただきたいです。

きつね
きつね

なるほど…

相手に自分を運命の人だと思わせることが出来ると、すぐに恋愛に発展できそうですよね。

心理的効果を応用すれば、『自分との関係を”運命の出会い”だと錯覚させる』ことが可能になりますよ。

23歳 男性
23歳 男性

ええ!それはすごい!!

 

男性でも女性でも、運命の相手と結婚したいと思いますよね。

 

すべてが息ピッタリのような最高のパートナーを見つけることが出来れば、それはまさに運命の出会いだと言えるでしょう。

 

しかし最高の相手と付き合うためには、相手にも「運命の人だ」と感じてもらう必要があります。

 

理想の相手に出会えない男性は、

・恋愛が長続きしない

・異性として見られない

・恋人にしたくないと思われている

 

このように、女性から運命を感じてもらうことが出来ていません。

 

そもそも女性と付き合うことが出来ないという問題で悩んでいるのではないでしょうか?

 

女性に運命の人だと思われない男性は、

「類似性の法則」を知らない傾向にあります。

 

きつね
きつね

私も昔はそのうちの一人でした。

しかし逆に言えば、

類似性の法則を活かす方法

を知ることができれば、

相手に運命を感じさせることが出来るのです。

 

今回この記事で解説する

相手に”運命の出会い”だと錯覚させる方法

を把握しているモテ男性は、

相手をドキドキさせることが出来る

距離感を簡単に縮めることが出来る

相手から告白される

 

このように、

相手に運命を感じさせることが出来ています。

 

では、

”運命の出会い”だと錯覚させる方法とは、

一体どのようなことなのでしょうか。

 

今回はこういった悩みを解決します。

 

きつね
きつね

なので今回は

自分との関係を”運命の出会い”だと錯覚させる方法についてです。

 

この記事でわかること

”運命の出会い”だと錯覚させる方法

『類似性の法則』とは

シンクロニシティで運命を錯覚させるには

 

これらについて知ることができます。

 

この記事を見れば、明日からでもすぐに実践できる内容となっていますので、最後までご愛読くださいませ。

 

きつね
きつね

それでは早速いきましょう!

 

 

スポンサーリンク

”運命の出会い”だと錯覚させる方法

この記事では、

”運命の出会い”だと錯覚させる方法

について解説していきます。

 

23歳 男性
23歳 男性

”運命の出会い”だと錯覚させる方法とはどのようなものなのですか?

きつね
きつね

結論から言うと、「類似性の法則」を生み出すために、「シンクロニシティ」という心理効果を応用するのです。

  

結論、

”運命の出会い”だと錯覚させるには、

シンクロニシティを応用することが重要す。

 

【結論】”運命の出会い”だと錯覚させる方法

「類似性の法則」を生み出す

「シンクロニシティ」を応用する

 

23歳 男性
23歳 男性

もう!難しい言葉ばかりじゃないですか!

きつね
きつね

落ち着いてください!

わかりやすく解説していきます!

 

「類似性の法則」とは

 

23歳 男性
23歳 男性

類似性の法則ってなんですか?

 

類似性の法則とは

類似性の法則とは、自分と共通点のある人や似ている人に対して好意を抱くという心理的効果のこと。例えば「出身地」「趣味」など、自分と共通点や似ている点が多ければ多いほど一気に心理的距離感が縮まりやすくなる。特に、初対面や相手のことをよく知らない状態で共通点を見つけると、かなり親近感が湧き、心理的距離が縮まりやすい。

このように、

「自分と似ている相手に好意を抱きやすい」

という心理的効果のことです

 

つまり、共通点が多いと

相手に対して好意を抱きやすい

というのが「類似性の法則」なのです。

 

23歳 男性
23歳 男性

ということは共通点を多く見つけることができればいいのですね!

きつね
きつね

しかしそれだけでは相手に「運命の人だ」と思わせることは出来ません。

 

では、相手を”運命の出会い”だと錯覚させるには、どのように「類似性の法則」を活かせばよいのでしょうか。

 

きつね
きつね

それが「シンクロニシティ」です!

 

「シンクロニシティ」とは

 

23歳 男性
23歳 男性

シンクロニシティってなんですか?

 

シンクロニシティとは

シンクロニシティとは、ユングが提唱した考えで「意味のある偶然の一致」のことをいう。日本語では「同時性」「共時性」などと訳されることもあり、因果関係のない2つの事柄が偶然一致することである。例えば、「噂をすれば○○さんが来た」というように、「噂」と「来る」の2つの事柄が偶然にも一致することなどがある。シンクロニシティが頻繁に起こるのは、「何かのメッセージではないか」と考えられている。

このように、

「頻繁に偶然一致するのは何か理由がある」

という考えをシンクロニシティと呼ぶのです

 

つまり、

「頻繁に偶然一致するのは何か理由がある」

という心理的考えを恋愛に例えれば、

二人での偶然が多い=運命

になるのが「シンクロニシティ」なのです。

 

きつね
きつね

つまりこの「シンクロニシティ」を演出することが出来れば、相手は自分との関係を運命だと感じやすくなるのです。

23歳 男性
23歳 男性

なるほど!

でも、頻繁に偶然を起こすなんて無理ですよね…

きつね
きつね

ごく普通の出来事に対して、あたかも偶然を装うことで「シンクロニシティ」を演出するのです。

23歳 男性
23歳 男性

そんなこと可能なんですか?

 

スポンサーリンク

シンクロニシティで運命を錯覚させる実践方法

シンクロニシティで運命を錯覚させるには、

どのようなことをすればよいのでしょうか?

 

きつね
きつね

次のような言葉を使うことで、運命を錯覚させることが出来ます。

 

俺もちょうど○○しようと思っていた

”運命の出会い”だと錯覚させる方法として、

もちょうど○○しようと思っていた

という言葉を使うのが効果的です。

 

23歳 男性
23歳 男性

それで運命を錯覚させることができるのですか?

 

「俺もちょうど○○しようと思っていた」

というのを詳しく説明すると、

・俺もちょうどパスタ食べたいと思ってた!

・俺もちょうど電話しようとしてた!

・俺もちょうどそれ聞こうと思ってた!

このように、相手が言った言葉に「○○しようと思っていた」と返すことが大切なのです。

 

例えば、

桃子
桃子

ねぇねぇ明日一緒に学校行かない?

太郎
太郎

え!うそ!

俺もちょうどそれ言おうとしてた!

桃子
桃子

あ!そうなんだ!

(すごい偶然だ…。)

桃子
桃子

今日一緒に夜ご飯食べない?

太郎
太郎

うわ!今ちょうど桃子を夜ご飯に誘おうとしてたところだったんだよ!

桃子
桃子

そうだったんだ!

息ピッタリだね!

(これって運命かも♡

 

このように「ちょうど○○しようとしてた」を活用することで、シンクロニシティを演出することが出来ます。

 

意図的に偶然の一致を

様々な場面で演出することで、

・この人とは息が合う

・すごく似ているかも

・これって運命の出会いかも

このように、

「この人は運命の人なのでは?」

心理誘導することができるのです。

 

これによって相手は、

あなたとの関係を”運命の出会い”と錯覚し、

あなたを「運命の人」と思うようになります。

 

なので、相手に運命を感じさせたいのであれば

類似性の法則

シンクロニシティ

この2つを応用することが大切なのです

 

23歳 男性
23歳 男性

よし!相手を運命を感じさせてやるぞ!

きつね
きつね

運命は変えることができる。運命の人を見つけるために、まずは多くの女性と出会う機会を作りましょう

スポンサーリンク

まとめ(彼女が欲しいならまずは行動しましょう)

いかがだったでしょうか?

今回は

相手に”運命の出会い”だと錯覚させる方法

というテーマをもとに

この記事の論点

”運命の出会い”だと錯覚させる方法

『類似性の法則』とは

シンクロニシティで運命を錯覚させるには

これらを解決するためには、

【結論】”運命の出会い”だと錯覚させる方法

「類似性の法則」を生み出す

「シンクロニシティ」を応用する

「ちょうど○○しようと思っていた」を使う

という、最良の考えについてまとめさせていただきました。

 

きつね
きつね

実は私も昔は全くモテず、学生時代は根暗で毎日部屋に籠ってゲームをしていたような人間でした。

 

モテるには全く縁がなく、異性と話すだけで緊張で言葉が出てこないことが当たり前でした大学3回生の時から「どうすれば異性から好意を持たれるのか」を追求し続け、心理学を学び、ビジネスで人を動かす偉人の本などを読み漁って導き出した独自の理論を創出した結果、現在では恋愛コンサルタントとして多くの人の悩みを解決しています恋愛未経験・カップルのマンネリ打破・浮気調査・二股からどちらの異性を選択するべきかなど、様々な恋愛についての問題解決法をすべて無料でお伝えしていきます。 

 

当サイトは、私「きつね」が経験した様々な恋愛事情を基に、「多くの人々の恋愛に対しての悩みを解決したい」「多くの人々に少しでも幸せになってもらいたい」という想いで運営しております。興味がある方はこれからも是非ご愛読ください。

この記事を書いた人
きつね
きつね

学生時代は根暗で部屋に籠ってゲームばかりの日々。モテるには全く縁がなく、異性と話すだけで緊張で言葉が出てこないことが当たり前。「どうすれば異性から好意を持たれるのか」を追求し続け、心理学を学び、ビジネスで人を動かす偉人の本などを読み漁って導き出した独自の理論を創出する。現在では恋愛カウンセラー&恋愛コンサルタントとして毎月10件以上の相談を受付している。マッチングアプリで出会った人数2桁。運営している「恋愛プロデュースRELIEF」では毎月1万人以上が恋愛に関する悩みを解決している。

きつねをフォローする
テクニック 恋愛
スポンサーリンク
シェアする
信頼と実績の恋愛プロデュースRELIEF

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました