【デート代】全額奢る!?それとも割り勘!?モテ男の考え方とは?

今日が人生で一番ドキドキする日になる。

恋愛プロデュースRELIEFへようこそ。

きつね
きつね

こんにちは!恋愛プロデュースRELIEFの運営をしております、恋愛コンサルタントの「きつね」と申します!

当サイトでは、

深層心理に基づいた観点

ビジネス的思考から相手を動かす方法

相手の心を操る誘導尋問

先輩や後輩から好かれる人の特徴

などなど、様々な観点から、相手の異性から強烈に好意を持たれるようになるテクニックを公開していきます。

相手が何を求めているのか、どのような言葉を用いれば心を開いてくれるのか。相手が求めているものを読み取り、それを相手のために行動する。相手は「自分の気持ちを分かってくれる!」「この人と一緒にいると心地いい!」という感覚に陥っていく。そして相手の心をコントロールし、最終的には好きで好きでたまらなくなるぐらい依存させ、大好きと言わせる。これらはホストやキャバクラでNO.1を獲得するようなプロも用いる手法です。

当サイトでは、異性から好意を持たれ確実に好きな異性を落とすためのテクニックを紹介していきます

きつね
きつね

本日の質問者はこちらです!

24歳 男性
24歳 男性

きつねさん!こんにちは。

私は社会人2年目なのですが、正直給料は少ないです。でも女性とデートに行きたいし、なんなら彼女も欲しいです。女性とのデート代は、男性が全額奢るべきなのでしょうか?それとも割り勘のほうが女性は気を遣わなくて済むのでしょうか?

きつね
きつね

なるほど…

男性にとってデート代は大きな出費にもなりますもんね。

これは、本当に女性を幸せにする”モテ男”かどうかを判別することができる永遠のテーマなのです。

24歳 男性
24歳 男性

え!?ここで”モテ男”かどうか決まっちゃうんですか!?

 

 

「デート費用、割り勘じゃダメなんですか?」という質問は、恋愛コンサルタントをしていて何度も相談された内容です。男性と女性の交際に当たっての”永遠のテーマ”のように感じます

 これまで女性目線では、「付き合うまでは全額奢ってほしい」「ずっと奢ってほしい」という”男性全額負担主義”の意見もたくさん聞きましたが、「出来るだけ平等に負担したい」「少しだけ多く負担してもらいたい」などの”割り勘主義”の女性が存在することも事実です。

 

 

きつね
きつね

なので今回は、「全額奢る!?それとも割り勘!?モテ男の考え方」についてです。

なのでこの記事を読めば、

女性の”デート代”に関する考え方

全額奢るべき理由

割り勘に対しての考え方

  

について知ることができますので、最後までご愛読くださいませ。

 

きつね
きつね

それでは早速いきましょう!

 

スポンサーリンク

男性側の”デート代”に対する考え方

 

男性からすると、「特別な日は全額奢る」「月に1回ペースなら全額奢る」「毎回全額負担は厳しい」というように、やはりデート代を全額奢ることに抵抗がある人が多いようです。

財布に余裕がある時などは奢るという男性は多いものの、「当たり前のように財布を出さない女性」に対する反感はかなりあるのが現実です。可愛いからといって財布を出さないのが当たり前の女性は、付き合った後に苦労すると思われるためでしょう。

  

 

中には、「割り勘にした方が、デートの回数沢山いけるから」という考えで”割り勘主義”の男性も一定数存在します。総合的に考えると、「全額出してもいいけど、感謝の気持ちを伝えてほしい」というのが大勢の男性の希望でしょう。

24歳 男性
24歳 男性

女性も働いている方がいるのだから、平等でよくないですか?

きつね
きつね

それでは女性側の意見を見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

女性側の”デート代”に対する考え方

 

一方女性側は、「奢ってもらいたい」という気持ちが正直あるようです特に女性の考えで最も多かったのが「女性よりも男性のほうが比較的収入が多い」という回答ですやはり女性は、結婚や出産を経験するとなかなか現場に復帰することが難しくなる反面、男性は結婚や出産によって仕事をストップさせる必要がなく、長期的に働く可能性が高いというのが、世の中の女性の根底にあったりするようです。

 

24歳 男性
24歳 男性

なるほど。女性は内心「奢られたい」と思っているのですね。

きつね
きつね

なので、デート代は”男性全額負担”という考え一択がベストです。

24歳 男性
24歳 男性

えええ…。やっぱり奢らないといけないのか。

  

 

スポンサーリンク

デート代は”全額奢る”べきである

 

結論から言うと、

デート代は”全額男性が奢る”べきです。

 

きつね
きつね

その理由について解説していきます。

これはあくまでも”モテ男”の考え方に沿ったものです。必ず”男性全額負担”しなければいけないというわけではありません。

 

 

 

 

男性は長期的に働ける可能性がある

 

世の中では、男性のほうが長期的に働くことが可能性が高いうえ、女性よりも平均年収も高いのが現状です。

且つ、男性のほうが身の回りにかける出費が少ないことも理由にあります。なのでデートに使えるお金の割合は基本的には男性のほうが多いのです。

 

24歳 男性
24歳 男性

ゲームにもお金使うし、バイクにもお金使うけど…

きつね
きつね

それは趣味の範囲内ですよね。抑えようと思えば抑えることができる出費です。

 

 

 

女性は”見た目”にかける出費が多い

 

きつね
きつね

女性に関しては、お肌のケア一つでもかなりの出費がありますからね。

「可愛い服を着てオシャレをしたい」「髪の毛も綺麗にしたい」「化粧もしっかりとしたい」のように、男性に比べると女性は身の回りにかける出費が多いです。つまり、男性よりも女性のほうが”見た目”に対する重要度が高いのです。

 

きつね
きつね

男性に関しては、収入があってある程度清潔感があれば大丈夫だと思います。

24歳 男性
24歳 男性

いやいや、オシャレもお肌のケアも趣味の範囲内でしょ!?

きつね
きつね

では質問しますね。

 

例えば、「めちゃくちゃ性格のいいブサイク」と「ほどほどの性格の美女」を比べた時、男性のみなさんはどちらをパートナーとして選択しますか?おそらくほとんどの男性は「ほどほどの性格の美女」を選択すると思います。綺麗にしていないと男性から言い寄られないから、”見た目”にお金をかけてケアをする。それほど女性にとっては”見た目”というものが重要なのです

 

きつね
きつね

実際男性はそれに食いつくんですよね。

 

24歳 男性
24歳 男性

そ、そうですね…。

 

”モテ男”は女性に対して”全額負担”している

 

そもそも”全額負担”できないのならば、デートには誘わないのが”モテ男”の特徴なのです。自分の身の丈に合ったデート場所に行って”全額負担”してあげる。「非モテ男性」はどうしても見栄を張って身の丈に合わないデートをしてしまうから、後々デート代を負担することがきつくなってしまうのです。

きつね
きつね

もちろん”割り勘”が悪いということではないです。

24歳 男性
24歳 男性

それなら”割り勘”でよくない?

(あ…。割り勘か。別にいいけどこの前の人は”全額負担”してくれたな~)

24歳 男性
24歳 男性

ああああああ!!!!!

きつね
きつね

可愛い女性は”モテ男”に奢られてますよ。

他にもライバルはたくさんいるのです。

 

女性に対して”全額負担”する男性がたくさんライバルでいるのであれば、少しでも自分をライバルよりもよく見せるためにも、せめて付き合うまでは”全額負担”してあげるべきなのです。

 

 

女性は”結婚”に対するリスクが大きい

 

女性は結婚すると、「妊娠」「出産」の時期になると、”自分自身でお金を稼ぐことができなくなる”のです。お金の余裕というものが結婚することでなくなってしまい、将来的にもし離婚してしまった時にかなりリスクが高くなってしまうのが女性です。仕事を辞めて、おなかを痛めて子供を出産し、旦那の仕事のために引っ越しなどをして人間関係も失うのに、それで離婚になってしまうとリスクが高すぎますよね。

 

きつね
きつね

だから女性は、男性よりも真剣に相手を選ばないといけないのです。

24歳 男性
24歳 男性

そりゃ”割り勘”の私は選ばれるわけないか…。

 

きつね
きつね

これらの考えを持っている男性が、将来的に女性を幸せにするのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は「全額奢る!?それとも割り勘!?モテ男の考え方とは」というテーマをもとに

女性の”デート代”に関する考え方

全額負担するべき理由

割り勘に対しての考え方

これらを解説するためには、

デート代は”全額奢る”すべきである

男性は長期的に働ける可能性がある

女性は”見た目”にかける出費が多い

”モテ男”は女性に対して”全額負担”している

女性は”結婚”に対するリスクが大きい

という、最良の考えについてまとめさせていただきました。

きつね
きつね

実は私も昔は全くモテず、学生時代は根暗で毎日部屋に籠ってゲームをしていたような人間でした。

モテるには全く縁がなく、異性と話すだけで緊張で言葉が出てこないことが当たり前でした大学3回生の時から「どうすれば異性から好意を持たれるのか」を追求し続け、心理学を学び、ビジネスで人を動かす偉人の本などを読み漁って導き出した独自の理論を創出した結果、現在では恋愛コンサルタントとして多くの人の悩みを解決しています恋愛未経験・カップルのマンネリ打破・浮気調査・二股からどちらの異性を選択するべきかなど、様々な恋愛についての問題解決法をすべて無料でお伝えしていきます

当サイトは、私「きつね」が経験した様々な恋愛事情を基に、「多くの人々の恋愛に対しての悩みを解決したい」「多くの人々に少しでも幸せになってもらいたい」という想いで運営しております。興味がある方はこれからも是非ご愛読ください。

この記事を書いた人
きつね
きつね

学生時代は根暗で部屋に籠ってゲームばかりの日々。モテるには全く縁がなく、異性と話すだけで緊張で言葉が出てこないことが当たり前。「どうすれば異性から好意を持たれるのか」を追求し続け、心理学を学び、ビジネスで人を動かす偉人の本などを読み漁って導き出した独自の理論を創出する。現在では恋愛カウンセラー&恋愛コンサルタントとして毎月10件以上の相談を受付している。マッチングアプリで出会った人数2桁。運営している「恋愛プロデュースRELIEF」では毎月1万人以上が恋愛に関する悩みを解決している。

きつねをフォローする
恋愛 恋愛コラム
スポンサーリンク
シェアする
信頼と実績の恋愛プロデュースRELIEF

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました